セールスアウトバウンドをやってみたいのですが、人員は何名必要ですか?また、セールスアウトバウンドのメリット、デメリットは何ですか?


',''); ?>



  • どのくらいの規模感で行いたいかによって違います。通常の営業活動の一環として取り入れる場合であれば、外回りのセールスパーソン1名に対し、稼電担当者を1名にするという方法があります。
    コールセンターとして行う場合、リストの数で必要人員数を決めると良いでしょう。
    メリットとしては顧客に対して継続的にコンタクトを取るため、常にお客様と繋がりが持てる事、稼電担当者が事前に顧客とコミュニケーションを取っているため、営業マンが訪問する際、プレゼンテーションに集中出来る事などが挙げられます。
    デメリットとしては、稼電を継続して行うため、リレーションの構築に時間がかかる事、稼電を継続して行える人員を揃える必要がある事などがあります。









    井口大輔 





    1973年東京生まれ。
    セールスコミュニケーション、チームコミュニケーションなど、営業を主体としたコミュニケーション研修を得意とする。18歳から6年に渡る留学生活を活かし、帰国後は販売業、営業などを経験。法人向けセールスアウトバウンドでは、セールスプライズを受賞。その後そのコミュニケーション力を認められ、大手テレマエージェンシーにて、セールスアウトバウンドトレーナーに従事。アウトバウンドエージェントと管理者層の育成に努める。
    現在は、フリーのコンサルタントとして、営業やコールセンター向けコミュニケーション研修などを手掛ける。


  • @コールセンター.JP編集部

    @コールセンター.JPではCRM業界のニュースをいち早くお届けいたします!ご意見もお待ちしております。

    @コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿