■アウトバウンドオペレーター採用■ アウトバウンドを初めて行います。オペレーターを新規雇用と社内から選抜する予定ですが、選抜の際にどのようなポイントで選抜するとよろしいですか?また、オペレーターに求められる資質はどのようなものですか?


',''); ?>



  • まず第一に営業マインドが求められます。
    発信業務は受信業務と異なり、自分から積極的に稼電する必要があるので、お客様に対して自らアプローチすることに抵抗があると難しいでしょう。
    次にプロフェッショナルマインドです。
    発信業務に対して罪悪感を持つオペレーターは非常に多く、そのほとんどがプロとしての自覚に欠けているケースです。
    稼電を行う事に対して、プロフェッショナルな業務である、というマインドを兼ね揃えている事が望ましいです。









    井口大輔 





    1973年東京生まれ。
    セールスコミュニケーション、チームコミュニケーションなど、営業を主体としたコミュニケーション研修を得意とする。18歳から6年に渡る留学生活を活かし、帰国後は販売業、営業などを経験。法人向けセールスアウトバウンドでは、セールスプライズを受賞。その後そのコミュニケーション力を認められ、大手テレマエージェンシーにて、セールスアウトバウンドトレーナーに従事。アウトバウンドエージェントと管理者層の育成に努める。
    現在は、フリーのコンサルタントとして、営業やコールセンター向けコミュニケーション研修などを手掛ける。




  • @コールセンター.JP編集部

    @コールセンター.JPではCRM業界のニュースをいち早くお届けいたします!ご意見もお待ちしております。

    @コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿