富山県射水市内に建設される大規模なコールセンター「富山BPOタウン」

ロードサービスやコールセンターのアウトソーシングなどを手がける株式会社プレステージ・インターナショナル(東京都千代田区)は、富山県射水市内に約30億円をかけて大規模なコール センター「富山BPOタウン」の建設を開始する。2014年6月1日に着工を開始し、2015年の4月には営業を開始する予定。今後、5〜6年間で約1000名の雇用を目指していく。

富山BPOタウンのコンセプトはクリスタル


富山BPOタウンのコンセプトは「CRYSTAL(クリスタル)」。約6万3000平米の敷地に各350席程度のオペレーション棟を3棟、管理棟、従業員専用の寮棟の計5つの棟を中庭を中心としたタウンで結合するユニークな設計となっている。



女性が働きやすいよう敷地内には託児所やカフェはもちろんのこと、銀行ATMやマッサージルームを設ける。また、社員寮には、共有キッチンやシアタールームなど、社員が豊かな時間を過ごすことができる空間も備える。

プレステージ・インターナショナルでは、2015年4月以降に「富山BPOタウン」の本格的な採用を活動を行う予定だ。

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿