日本マルチメディアサービスが佐賀オペレーションセンターを開設

コールセンター運営代行、アウトソーシングの日本マルチメディアサービス株式会社(本社:千葉県浦安市)が、佐賀市に進出することが決定し、進出協定を締結した。

同社では、インバウンド(受信)を中心としたコールセンター事業を展開している会社で、新事業所となる佐賀オペレーションセンターでは、電話番号案内サービス事業(104)を中心に行う予定。

開所予定は平成26年3月。従業員規模は、配置転換者を含め約120人の予定となっており、佐賀市としては新たな雇用の創出、地域経済の活性化に期待している。


進出協定締結式で握手する秋庭代表取締役社長(右)と秀島佐賀市長(左)

進出概要


進出企業名:(仮称)日本マルチメディアサービス株式会社 佐賀オペレーションセンター
進出年月:平成26年1月
操業開始:平成26年3月(予定)
進出場所:佐賀市鍋島一丁目9-6
建物延床面積:360.00平米
業務内容:104番号案内業務のオペレーション
進出規模:123名(配置転換者3名を含む)
投資額:40,000千円(予定)

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿