トラコスが緊急事態発生時に最短1日でコールセンターを開設できるサービスを提供

トランスコスモスは、情報漏えいやリコールなどの緊急事態発生時に最短1日で緊急対応窓口のコールセンターが開設できる「緊急コールセンターサービス リスク対策パック」の提供を開始すると発表した。

リスク対策パックとは、フリーダイヤル取得・回線維持やマニュアル作成など、緊急事態に備えた事前準備をパッケージ化したもの。企業は、このリスク対策パックを予め導入しておくことで、緊急時に最短1日でコールセンターを立ち上げることが可能となり、発生したリスクを最小限に軽減することができる。また、リスク対策パックには、実際に事故が発生した場合を想定した模擬訓練などの実施も含まれているので、迅速性だけでなく顧客対応の品質も担保できるとしている。



■価格表
・初期費用:20万円~

業務フロー策定
対応方針の確定~実際の応対方法まで実際に緊急事態が発生した場合を想定して業務の流れを策定します

コールフロー策定
センター稼動時にすぐに電話を受信するための交換機の設定を行ないます

管理者業務習得
事前にデモや研修、教育を通して業務習得します。緊急時にスムーズな立ち上げを実現します

マニュアル作成
想定した危機管理についてトークスクリプト・FAQを作成します

フリーダイヤル取得/回線維持
フリーダイヤル番号を取得します。事前に取得することにより、媒体掲載・印刷がスムーズに行なえます

連携ルール策定
緊急対応発生時の業務分担・範囲・連携フローをあらかじめ策定します

対応窓口業者検討
DM発送・物流手配・データエントリーなど緊急対応時に付随業務の準備支援を行ないます


・ランニング費用:月額2万円~

フリーダイヤル維持費
取得したフリーダイヤルの番号を維持します

PBX維持費
PBXを設定した状態で維持し、即時着信できるよう準備しておきます

メンテナンス作業費
当初策定したフローや連携ルールなどを定期的に見直してメンテナンスします

・フリーダイヤル維持とは、あくまでも番号を保有するのみであり、回線数をお約束するものではありません
・事象発生時のイニシャル費用およびランニング費用は、別途御見積りとなります

緊急コールセンターサービス リスク対策パック

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿