TMJが札幌市でコンタクトセンターの増床と拡張

ベネッセグループでコンタクトセンターを運営するTMJは、札幌第1センターを増床し、札幌拠点の受託能力を拡大する。

今回、札幌駅前の8・3スクエア北ビルに設置している札幌第1センターを増床し、従来の360席からさらに約100席拡張。また、30人以上を収容できる研修室、約50名対応の休憩室を併設する。既に顧客との契約も進んでおり、11月下旬より稼働が決定している。それに伴い、10月より増員に向けた採用を開始する。

TMJでは、札幌市に3センターを設置しており、3センター合計座席数は約1,400席となる。

札幌第1センターの概要



所在地:札幌市北区北八条西3-32 8・3スクエア北ビル
交通 :JR札幌駅 徒歩3分
座席数:約460席(面積:約6,000平方メートル) (既設センターも含めた最大稼働席数)

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿