三菱電機が視聴者の声を迅速に番組制作に反映するCTIシステムをTBSに納入

三菱電機の展開する小規模コールセンター用CTIシステムが、TBSテレビに採用され本格運用を開始しました。これで日本テレビ、テレビ朝日に続いて3局目となる。

視聴者の迅速な対応が求められるテレビ業界


これまでテレビ局などの放送業界では、視聴者の満足度向上や視聴者意見の展開・番組制作やサービスへの反映を主目的に小規模コールセンターを設置していたが、各種SNSサービスの拡大などに伴ってより迅速な視聴者対応が求められており、オペレーターが電話やメールで対応した情報をより迅速にわかりやすく社内へ展開する必要が求められている。

TBSテレビでは今回、三菱電機の展開する低価格・短納期で構築できるCTIシステムを採用した。

CTIシステムの特長

"視聴者の声"の速やかな展開を実現
テレビ局の視聴者サービス部門のオペレーター業務に適応したシステムを設計・構築。具体的にはテレビ番組表や社内イントラネットとの連携により、番組等に対するご意見・ご感想などの"視聴者の声"や、その情報分析結果を社内関連部門へ効率的かつ迅速に展開汎用なパッケージソフトウエアにより、低価格・短納期を実現させた。


パッケージソフトウエアでありながら、ユーザー要望に応じたカスタマイズにも柔軟に対応し、業務に最適化したシステムを短納期で構築コールセンターの業務追加などにも柔軟に対応が可能。運用開始後も業務の追加・拡張にも対応している。

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿