ビジュアル・コンタクトセンターシステムのもしもしコンシェルジュ

映像と音声でコミュニケーションできるコールセンターサービス、もしもしConcierge(もしもしコンシェルジュ)を提供しているニューロネットが、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会、第10回CSAJ アライアンス大賞を受賞した。

映像と音声のコールセンターサービス


もしもしConcierge(もしもしコンシェルジュ)は、スマートフォンでお互いの表情を見ながら会話が行える新しいFace to Faceのクラウドサービス。

例えば、お客様アサインを最適オペレーターへ自動で行う「WebACD(TM)機能」を持っており、資料や写真、動画などを共有できるWebボード機能や過去のお客様履歴の表示、新規お客様情報の入力が出来る「マイクロCRM機能」などが装備されている。

動画:ビジュアルコールセンター もしもしConcierge


CSAJ アライアンス大賞とは


CSAJ アライアンス大賞は、起業家のモチベーションを高め、市場でブレークスルーできるような日本発の企業の創出を支援するために、 平成15 年度に創設。主にベンチャー企業育成を目的として活動を行っているCSAJ アライアンスビジネス研究会が主催する アライアンスビジネス交流会において、1年間にプレゼンテーションを行った企業を対象に、 プレゼンテーションをきっかけとした提携実績、 提携見込み、商談件数および、将来性・市場性・技術性、 さらには強いアントレプレナーマインドなども含めて評価・審査が行われ、決定された。

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿