アセスメントシートの作成の注意点は?


',''); ?>



  • アセスメントシートはQAが業務を行うときに非常に重要なツールとなります。効果的で効率的なものを作成しなければ業務に支障をきたします。
    項目数を多くしすぎると評価時間が多く掛かり、判定基準を5段階等にすれば、心理的に中間に評価が集まってしまい、集計しても約にたたなくなる恐れがあります。
    評価項目数は適度に判定基準は2段階等のプレイアビリティの高いシートが望ましいです。








    廣田 由章


    株式会社エクセプション代表取締役社長



    東京生まれ。ギタリストとして活動後、ニューヨークのジャズレーベルの運営から音楽プロデューサーを経験。大手テレマエージェンシーにてコールセンターの品質管理メソッドをミュージックビジネスの経験値から再構築し、新しい概念の品質管理手法や業務改善チームのプロジェクトマネージャーを務め、センターマネジメント手法を確立。コンサルティング会社のコールセンターコンサルタントとして、多くの企業の指導にあたり、業界の成長性に着目し独立。2006年に株式会社エクセプションを設立。
    ガーソンレーマングループ・カウンシルメンバー
    【セミナー実績】
    『QA設置によるクオリティマネージメント構築』 
    ~アウトバウンドのセールス及び品質向上メソッド~
    『コンプライアンス体制に向けた組織整備』 
    ~クオリティ・アシュアランス体制の整備と運用手法~
    『離職率の低減と品質向上を実現するための組織整備』 
    ~QA体制の構築と運用手法~
    月刊コンピューターテレフォニー9月号~2月にて
    記事「センターを心理学的に解剖する!」「スタッフの“こころを掴む管理術”」掲載





  • @コールセンター.JP編集部

    @コールセンター.JPではCRM業界のニュースをいち早くお届けいたします!ご意見もお待ちしております。

    @コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿