OKI、伊藤忠アーバンコミュニティのコールセンターに納入

OKIソフトウェアは、伊藤忠アーバンコミュニティの居住者向けコールセンター「アイフロント24」の受付センターに、OKIのコールセンターシステム「CTstage®5i」とOSKの統合型CRMシステム「enjoy.CRM®Ⅱ」ヘルプデスクテンプレートを組み合わせたIPコンタクトセンターCRMシステムを納入した。

今回、導入したシステムは、顧客情報を保持している基幹システムと連携することにより、電話受付時に居住者情報や過去の対応履歴を自動表示できるようになり、受付にかかる時間の短縮化が実現。

また、これまで主に紙ベースで行ってきた社内の情報共有は、システム上で行うことが可能となり、ペーパーレス化と業務の効率化が図れた。
業務拡張などで頻繁に発生する受付画面の項目変更については、「enjoy.CRMⅡ」のカスタマイズ機能により、コールセンター管理者自身で容易に行うことができ、システム改修が不要となる。

さらに、伊藤忠アーバンコミュニティでは、業務拡大により他社のコールセンター受付業務の受託も行っているが、「enjoy.CRMⅡ」のマルチテナント機能により、複数のコールセンターの受付業務を1システムに集約できる。受託を拡大していく場合でも、システム投資を抑制しつつ、多種多様なサービスを提供することができる。

運用イメージ


▼関連リンク
http://www.oki.com/jp/press/2012/11/z12090.html
  • 2012年11月05日 13:37
  • キーワード crm

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿