HOYAサービス音声合成ソフトウェアVoiceTextが損保ジャパンDC証券の自動応答に採用


HOYAサービス株式会社(東京都新宿区、代表取締役大原幸男)音声ソリューション事業部は、損保ジャパンDC証券株式会社(東京都新宿区、取締役社長原祐二)にて、同社コールセンター「アンサーセンター」の電話系設備の再構築にあわせ、自動応答の音声にHOYAサービスの音声合成エンジンVoiceTextが採用されたことを発表致します。

日本語・英語のガイダンスともに音声合成ソフトを導入することで、運用者が機動的に内容を変更できることがポイントとなりVoiceTextが選ばれました。

▼関連リンク
http://voicetext.jp/news/sjdc
  • 2012年10月26日 13:35
  • キーワード ivr

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿