日本コンタクトセンター教育検定協会新運営体制について


一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会(コン検)は、平成24年度新運営体制を以下の様に決定致しました。

理事長   出張 勝也:株式会社オデッセイ コミュニケーションズ
副理事長 斉藤 達哉:日本ATM株式会社
副理事長 加藤 紀行:富士通コミュニケーションサービス株式会社
常務理事 名倉 真弓:SMBC日興証券株式会社

資格受験者数、協会主催研修受講者数が順調に伸びている中で、協会運営をさらに強化・推進する為に上記新体制と致します。
新体制ではCMBOK(Contact Center Management Body Of Knowledge・コンタクトセンターマネジメント知識スキル体系)のバージョンアップ、準会員制度等を活用した人的交流の充実も進めて参ります。
また、従来のCMBOK、教育、試験、マーケティング・広報の各委員会に加え、全国の協会支援者、支援企業との活発な情報交換・人材交流の推進を目的に、人材交流委員会を新設し、現地見学会や地域別セミナーを通し、業界団体として多様なコミュニケーション機会を提供して参ります。
詳細は、コン検ホームページをご参照ください。
http://www.cmbok.jp/

本件に関するお問合せ先
日本コンタクトセンター教育検定協会 事務局 ℡ 03-5777-6417 担当 武田

一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会

一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会は、コンタクトセンター業界に関係する17社の企業が、業界全体の健全な発展と、そこで働く従業員の皆様のキャリアパス構築の一助となるべく、2010年3月に発足した団体です。
当協会では、コンタクトセンターマネジメントの知識スキル体系ガイドであるCMBOK(※)の構築・改訂、並びにCMBOKに連動した検定試験制度と資格認定制度の実施を主要事業として行っております。

一般社団法人 日本コンタクトセンター教育検定協会 による、その他の投稿