SBI証券が COLLABOS CRM Outbound Edition を導入 

株式会社コラボス(以下、コラボス)のクラウド型アウトバウンド効率化ツールCOLLABOS CRM Outbound Editionが、株式会社SBI証券(以下、SBI)のアウトバウンド用システムとして導入された。

SBIは、COLLABOS CRM Outbound Editionの採用により、2拠点2業務のコールセンターシステム構築を約3週間で実現、現在は 3,500~4,000 コール/日のアウトバウンドを行い、業務の繁閑にも柔軟に対応できるプロフィットセンター用のシステムを実現した。

導入決定5つの理由
(1) 業務の繁閑による利用数の増減が可能
(2) 短期間での構築が可能
(3) 保守管理費込の月額料金制で高機能なアウトバウンド・ツールの導入ができる
(4) ユーザー側での画面項目設定の自由度の高さ
(5) 多拠点で同システムの利用ができ、情報共有が容易

コラボスは、『全てのコンタクトセンター機能をクラウドサービスで提供すること』を一つのミッションとし、今後も当該サービスの充実を図っていく。

▼関連リンク
http://www.collabos.com/

@コールセンター.JP編集部

@コールセンター.jpは、企業とお客様との接点部分を担うコールセンターやコンタクトセンターで働く方たちの重要な架け橋になることを目的に運営されております。
近年、インターネットやスマートフォンの等の普及により、お客様からのニーズは多様化しており、コールセンターサービスの役割が従来以上に重要になっております。
また、個人情報保護の高まりなどに代表される、高いコンプライアンスと運営水準が求められています。
@コールセンター.jpでは、コールセンターに関する様々なプロフェッショナルが集まっており、インバウンド・アウトバウンドにおけるコールセンターの構築・運営や、オペレーターやスーパーバイザー、センター長/経営層にタイムリーな情報提供を行うことで、業界の健全な発展と高品質な顧客サービス実現に応えてまいります。

@コールセンター.JP編集部 による、その他の投稿